会社沿革

前身

戦後まもなく厚井哲二が立町電車通り沿いに八丁堀タクシーを設立。

当時としては珍しくシボレー・フォードを営業車として運行させた。

昭和33年

場所を国泰寺に移し、丸三タクシー株式会社を設立。

名称の由来は哲二の里、総領町にあった企業名に起因する。

昭和38年

協同組合タクシーセンター創立。

昭和42年

南区出島にタクシーセンター共同施設完成。

翌年、現在地に移転。

平成元年

厚井勝が代表取締役に就任。

平成16年

厚井伸猛が代表取締役に就任。

平成20年

タクシー協同チケット株式会社(マル協)グループに加入。

平成26年

厚井次郎が代表取締役に就任。

令和元年

5月 電脳交通株式会社と提携。クラウドを利用した配車システム

    を採用し、夜間の配車業務を委託。

7月 配車アプリDiDiと提携。

無線.jpg
車両.jpg
LPガススタンド.jpg
整備工場.jpg
syaoku.jpg
ジャパンタクシー.JPG
%E8%BB%8A%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%